〜世界文化遺産〜
Itsukushima Shrine



◎幕府

幕府という定義は、実際にはありません。
日本で初めて幕府が置かれたのは、東夷征伐で坂上田村麻呂という征夷大将軍が本丸を置いた平安時代初期です。
幕府とは、朝廷の指名によって専任された征夷大将軍が座する場所という意味です。

歴史学や考古学では、詳細が確定されずに論議や研究が続いておりますが、おおむね、大和大乱の後に連合国家が建設され、大和王権へと発展したものと言われています。
この大和王権が日本の支配者となるために、地方部族や環濠集落を呑合して行きました。
西日本の制圧が完了すると、次は東国の支配へと乗り出します。

関東までの支配権を確立した後、抵抗の大きかった東北を制圧するために征夷軍が組織され、その最高司令官が将軍という役職でした。
飛鳥時代に始めた国造りが、平安初期になってやっと到達目前となったのです。

しかしそれは武力制圧による覇権侵略であり、併呑後のそこには部族差別が残ってしまいました。
東北は昔、奥州と呼ばれ、古代〜平安後期までは、遥か遠い異国の地であり、また未開の地であったため、蛮族の住む区域とみなされていたためです。
そこで朝廷は、占領地を支配する権利を委任し、天皇の代官として最強莫大な権力を有し、東国から東北を行政したのでした。
まだまだこの時点での幕府とは、被支配民を抑圧する組織だったのです。

しかしこの役割が変ったのが鎌倉幕府以降でした。
貴族の特権階級のみが富に恵まれ、貧困に喘ぐ農民たちの暮らしは即、それを司っている武士階級を脅かしました。
当時の武士とは、戦闘専門の兵士ではなく、俗に農兵と言われる自衛戦闘員とそれを統括する御館さまからなっていました。

源頼朝を看板に担いだ武士たちは、生活の安定と権利を得るために戦い、やがて鎌倉の地に独立機構を創ることに成功しました。
そしてその機構は、税体制や国土交通、文部や司法、治安と軍事などを統制し、源頼朝は征夷大将軍に任命されて鎌倉に鎮座し、日本全国を支配しました。
将軍の住まいを幕府と呼ぶ習慣は、この頃から変革されて、朝廷に代って政治を行う組織全般を幕府と呼ばれるようになったのです。

しかしそれは独裁者ではなく、日本に住む全ての人が、安心して暮らせる世界を作るためのものでした。
幕府はこの時から、民族差別をするための朝廷の出張機関から、日本を統制するための機構に変ったのです。
ところが、日本はまだまだ国家と呼ぶには脆弱で、絶えず戦乱や混乱が付きまとい、東北に至っては反乱も頻発していました。
これを武力によって鎮圧し平定する事は、幕府として当然の行為ではありますが、それに連れて国民の生活も荒れてしまう現実もありました。

源三代が断絶してしまった後は、将軍職に皇室から皇子を招いていましたが、実権は執権職の北条家が掌握し、社会は朝廷政治から武家政治へと完全に転換されて行きました。
しかし鎌倉後期になると、北条執権家も荒廃し、政治よりも己の権力維持や酔狂に没頭するようになり、再び日本は混乱を招きます。
源氏の嫡家であった足利家や新田家は、腐敗した幕府に反感を抱く勢力と結託し、鎌倉幕府を打ち倒し、政争の上に足利家は新たに幕府を開きました。
将軍職に任官された足利尊氏が京都室町へ住居を構えた事から、室町幕府と呼ばれます。

ところがこの室町幕府は、鎌倉幕府ほどの統治能力が稀薄で、内乱が勃発し、第15第将軍の足利義昭の時代に幕府は滅亡してしまいます。
鎌倉と違うのは、討幕された訳ではなく、織田信長の天下統一事業に利用されて廃された事によります。
よって、足利義昭はその後、無位無官の豊臣秀吉に従事する将軍という、全35代将軍の中で唯一不名誉な境遇を味わいました。
後に秀吉は関白職となりますが、東国や東北を治めない足利氏は、名前だけの名誉職としての将軍であり、幕府は義昭が住む家ゆえに幕府であったという、有名無実な存在となってしまいました。

義昭が死去すると、将軍職は空位となり、幕府と呼ばれる場所も無くなりました。
秀吉が没すると、今度は徳川家康が台頭して来るのは、もうみなさんの良く知っておられる処です。
徳川家は、第三次幕府政権を樹立し、その後、280年に渡って15代の将軍により、日本を統治しました。
この江戸幕府も、近代国家樹立という時の波に呑まれ、徳川慶喜の代で解体されます。

機構・幕府…幕府組織…
それは、廃頽しつつあった経済を立て直し、豊かな実りを…と、国家組織と平和を構築するのが、当初における本来の役目だったのです。



TOP